★保護者の声
・米国に3年滞在後、上智大学へ進学 Yさんとお母様
・チャレンジをサポートする学校 後援会会長 杉本様
・息子の将来像を持つ事ができた お母様
・過程も含めて評価してくれる 教育関係者 Mさんご両親
・国際的で柔軟な学校 JICAペルー MSさんお父
・バレエに集中できる環境を提供してくれた 大学教授 SYさんお父様
・モデルの仕事と学業を両立 AKさんとお母様
・子どもの人生で一番大事な時を一緒に過ごすことができた お母様
・韓国から一家で来日 お父様
・チャレンジ出来る学校を求めて お母様

米国に3年滞在後、上智大学へ進学 Yさんとお母様

イメージアメリカに3年滞在した後11年生(高2)で帰国したYさん。無事に高校卒業と早稲田大学国際教養学部と上智大学国際教養学部合格を果たしました。その秘訣をお聞きしました。



Q: この度はおめでとうございます。一年前に渋谷の学校に突然訪問してくださった日のことを覚えています。

A(母): 娘が自分で東京インターハイスクールを探してきました。訪問したときは12年生でアメリカに戻って卒業してから大学受験をするか、11年生で帰国をして受験に臨むかまだ悩んでいました。
A(本人):既に留学は年齢や語学力の関係で一年学年が遅れてしまっていたのでなるべく早く高校卒業をして受験をすることが希望でした。 東京インターハイスクールで学校説明を受けて「ここだ!」と思いました。

Q:入学当初はトフルのIBTが79点でした。半年余りでスコアアップした秘訣を教えてください。

A(本人): トフルゼミナール渋谷校に通い毎月のようにトフルを受験しました。停滞期も途中でありましたが受験するたびに10点ずつスコアが上がり最終的にはIBT106点を取ることができました。 SATもMath 720点、Reading490点、Writing550点でした。 夏期講習は一日4〜5時間塾で勉強した後宿題や予習をしました。

A(母): 何年もかけて受験勉強をしていたらきっと集中力は続かなかったと思います。短期で集中でできました。

Q:早稲田と上智の受験では英語でエッセイを書くことが求められていました。

A(本人): トフルゼミナールでエッセイは徹底的に訓練を受けました。毎回の授業で必ず一つ英作文を書きました。早稲田に提出した志望理由書では時事問題についてのテーマでしたので「いじめ」について、アメリカの学校教育と日本の学校教育を比較したものを書きました。

Q:3年間の留学で英語力が上がったコツを教えてください。

A(本人): 英語を学びたくて単身留学をしたので、なるべく欧米の友人を作り日本語の使用は最小限にしました。

Q:半年で当校を卒業し、受験も無事に終えました。秘訣を教えてください。

A(本人): 東京インターハイスクールの通信と、トフルゼミナールの通いのバランスがちょうどタイムマネージメントにマッチしていました。 受験で息が詰まりそうになって始めたダンスを高校の単位にしました。効率よく時間を使うことができたと思います。

Q:3年間離れた後でYさんが戻ってきました。お母様は親としてどんなことに心がけましたか?

A(母): 3年分の愛情を取り戻すべくあれこれとついやってしまいそうになりました。やりすぎると、娘がはっきりと態度で示してくれたので引くことができました。
見ていて気が抜けていると思われるタイミングではきちんと伝えるようにしました。
父親は娘のすることを全肯定し、心配ながらも見守る姿勢をつら抜いていました。


Q:最後に一言ずつ検討者の方へアドバイスをお願いします。

イメージA(本人): やりたいことを好きな時間にできます。効率よく学習もできました。受験の勉強をしながら適度に息抜きの時間も取れました。そして卒業との両立も果たせます。目標がしっかりとある生徒さんにはぴったりだと思います。

A(母): 型にはまらない学習方法ですが留学先の学校では経験するスタイルです。
留学前に東京インターハイスクールで自律・自立学習を学んでおくことをお勧めします。
現地の学校でも力をつけるトレーニングになると思います。

ありがとうございました。大学生活で世界が広がっていく様子を時折学校に来て聞かせてください。本日はお忙しい中、インタビューをさせて頂きまして誠に有難うございました。
資料請求
ページトップへ

チャレンジをサポートする学校 後援会会長インタビュー

イメージKSくんは高校3年の1学期ドイツへサッカー留学、そして高校の両立を目指したとき本校を知りました。現在は今年6月に卒業しアメリカに留学中です。今回は後援会を発足したいと申し出ていただいた、お父様にお話を伺う事ができました(インタビューアー:山本学習コーチ)

Q: 東京インターハイスクールへお子さんが入学した経緯を教えてください。

A: 前籍校ではサッカーの特待生としてプロを目指し、海外で活躍できることを目標に学校生活を送っていました。在籍1年を残すところで目標と現実のギャップを感じ始め、海外サッカー留学と卒業への両立を図るために東京インターハイスクールを選びました 。

日本で取得した単位をそのまま生かせることsと、海外にいながらカリキュラムを履修できることが決め手となったと思います。またスカイプを利用してコーチと1対1のコミュニケーションができるところが最新であり、人間関係を構築するという教育としての役割もしっかり担っていることも良い点でありました。

Q:東京インターハイスクールに入学、卒業してお子さんの様子はどう変わりましたか?

A: コーチを始め学院長や他スタッフとの関わりでは、いろいろと影響を受けていた様子で、考え方や選択肢そして視野の広がりをもてた様子です。またコミュニケーションの中ではInternationalな感覚にも触れることができました。 Internationalとは単に言葉の問題ではなく心構えであり、その結果として言語が必要であることに気づくことができたことも収穫でした。

また学校が本人の行動や考えをすべて肯定してくれ信じてくれたことで、自信を持ち学習に取り組むことができました。

Q:在学中に家族が意識して取り組んだ家庭でのサポートにはどのようなものがありましたか

A: まずはほっておくことです。干渉しすぎないことを心がけ、本人に考えさせるようにしました。本人に見えないところで徹底したサポートをしていたことは、超過保護ということも言えたかもしれません。

何かことを成し遂げる人間に育て上げることが親としての責任であり、そのために大人になる前段階のこの時期に、子供に気づかれないように最善のサポートをすることが親の存在意義の一つであると言えると思います。
思春期の子供を抱えた家庭はどこも不安で心配が尽きないのはどこも同じです。家族内で同じ価値感を持つことは大切だと思っています。

日本の教育では哲学教育の機会があまりありませんが、10代の後半に「自分とは、自分の価値とは、どういう道に進むのか」についてしっかりと向き合い考えることができたのはよい機会でした。普通の高校生活であったら自分なりの哲学を持つことができるのがもっと遅かったかもしれないと感じています。

Q:在学中にご家族が意識したことはどんな点ですか?

A: オンライン学習する時間が多いので、私生活の時間がだらしなくならないように気を付けました。学校教科の学習と称して、夜中まで自分の好きなゲームやアニメの調査、研究(?)をして朝寝坊しないように注意しました。家族も、彼の学習が進んでいるか日常会話を通して常に関心を持つようにしました。

Q:思春期のお子さんとのコミュニケーションで役立った実践的なコミュニケーションはありますか。

A: 子供の興味を持っていることに一緒に興味を持つようにしました。親の価値観で判断した興味を押し付けないように心がけることです。

親から見て価値が分からないことであっても、興味をもってみてみると新しい価値を発見できることも実際ありました。結果的にそれは子供をRespect(尊重)することでもあったと思います。

Q:在籍中に起きた親御さんの変化についても教えてください。

A: 親子の関係性をあらためて考える機会となりました。子供にとって何が一番いいのか、どのタイミングがベストなのかよく考え判断しなければなりません。「こうあるべき」という概念から「これもある、あれもある」というように選択肢が広がり、柔軟性をもって対応できるようになりました。

親が考える「こうあるべき」は愛情表現のひとつかもしれませんが、子供にとって「絶対」という押し付けは通用しません。

Q:東京インターハイスクールでの経験を将来どのように活用してほしいか

A: 東京インターハイスクール在籍中は自分自身を見つめることができ、自分で自分の行く道を決めました。卒業した現在はアメリカ留学で充実した毎日を送ることができています。 過去を振り返り、自分のやってきたことに間違いはなかったとの肯定感を持ち、新たな挑戦を楽しんでいます。

将来は人の役に立つことができる、人に笑顔を与えることができる存在になって欲しいという願いはありますが、どのような結論を出すかは子供自身に委ねるつもりです。グローバルな環境に身を置き、海外での実生活で国際感覚を身につけて欲しいです。

Q:入学検討者の親へ一言

A: 子供がやりたいと言っていることが、思いつきなのか本気なのかを親が見極めることは難しいことです。とはいえ親が持っている「すべき」という概念を押し付けることは、子供にとって大切な本当のチャンスを潰すことになります。

東京インターハイスクールはチャレンジをサポートする学校です。先にある目標のために、今の学校が合わないのであれば東京インターハイスクールがその環境を提供できます。努力した結果は本人次第で出るものです。

本人が東京インターハイスクールに決めたのであれば一人の人間として認めサポートをしてあげる。チャンスを与えずにそのまま終わってしまうことは残念なことです。東京インターハイスクールには第2の人生を見つけることができる、時間をかけて夢をみつける環境があります。 本日はお忙しい中、インタビューをさせて頂きまして誠に有難うございました。
資料請求
ページトップへ

息子の将来像を持つ事ができた お母様

イメージKMくんはアメリカ合衆国ニュージャージー州で生まれ育ち、16歳の時に帰国して東京インターハイスクールに編入しました。今年秋に卒業、現在日本の大学へ進学を目指しています。生徒たちの中心的存在だったKMくんのお母様にお話を伺うことができました。(インタビューアー:高橋教務主任)
※写真左がKM君お母様

Q: 当校にお子さまが入学した経緯を教えてください。

A: 家族の事情で16年間の米国生活を終え帰国後息子の高校を探しました。彼の日本語読み書きのレベル(因みに会話能力は日本人並みです)では日本の高等学校は難しいので、英語で学習できるホームスクール(オンラインスクール)を探して東京インターハイスクールを見つけました。

オンライン学習が中心の学校ですが、東京近郊の生徒は授業に出席できるし日本語でも英語でも学習できるので息子に最適でした。また学校説明を受けた際、生徒の興味分野の学習が卒業単位になる具体的な生徒例を説明してもらい「素晴らしい学校だ」と思い、その場で入学を決めました。

Q:入学後のお子さまの様子はどう変わりましたか?

A: アメリカでも学校が大好きな子でしたので、東京インターハイスクールの授業や活動が楽しかったようです。自分の日本語を上達させたいと思い、日本語能力検定資格を目指す日本語クラスの実施を学校に提案して受け入れられた時は大変喜んでいました。(現在、日本語クラスで多くの生徒が学んでいます)

また担任学習コーチによる個別指導を通して自分の興味分野を学校教科として学習する計画、実践、評価のプロセスを繰り返すことにより、息子は自分に自信を持つようになりました。そして自分で考えて学習を進める体験を通して勉強が好きになったと思います。

Q:お子さまが変わり始めたきっかけはどんなことでしたか?

A: 担任学習コーチによる個別指導と学校で友達と交わることで、帰国後悩んでいた状態から抜け出すことができました。生徒たちが自分のしたい学習を楽しそうに進めている環境に自然に溶け込んで行ったようです。またファイスブックを利用した生徒のクラブ活動、「東京インターハイスクール・アニメ/マンガクラブ」の初代部長としてリーダーシップとチーワークを学んだようです。

Q:在学中にご家族が意識したことはどんな点ですか?

A: オンライン学習する時間が多いので、私生活の時間がだらしなくならないように気を付けました。学校教科の学習と称して、夜中まで自分の好きなゲームやアニメの調査、研究(?)をして朝寝坊しないように注意しました。家族も、彼の学習が進んでいるか日常会話を通して常に関心を持つようにしました。

Q:今のお子さまの様子と、最後に在校生やインターハイスクール入学をご検討されている親御さまへ一言お願いします。

A: 卒業はもちろん嬉しいですが、親として息子の将来像を持つことができました。進路について積極的に行動することができる自信を息子は持ったと思います。入学を検討している保護者に東京インターハイスクールをお勧めしたいです。生徒たちの生き生きとした顔を見てください。その中に自分の子供の姿がきっと見えると思います。 本日はお忙しい中、インタビューをさせて頂きまして誠に有難うございました。
資料請求
ページトップへ

意欲的に学習に取り組む様子が共有でき満足 ご両親

首都圏の某インターナショナルスクールから東京インターハイスクールに転校してきた生徒が当校を卒業して今秋からアメリカの大学に進学します。当方の質問(Q)に対してご両親にお答(A)いただくインタビュー形式で対談させて頂きました。(インタビュアー:学習コーチ 杉野)
イメージ

Q: 東京インターハイスクールへ転校を決めた経緯を教えてください。

A: 通学していた某インターナショナルスクールの大学進学率が低いこと、また学校がTOEFL試験対策をしていないことが気になり、娘が別途通っていたトフルゼミナール(進学英語塾)に相談したところ、東京インターハイスクールを紹介してくれました。

Q:入学後のお子さまのお様子はどう変わりましたか?

A: 東京インターハイスクールへの転校は娘も希望していました。高校卒業と留学という明確な目標に向けて学習計画を作り自分のペースで学習を進める就学スタイルは、娘にとっても合っていたようです。

Q:ご家族が意識してお子様をサポートしていることはどんな点ですか?

A.お母様: 基本的な事ですが、栄養のバランスのとれた美味しい食事を作ることで、娘が健康で規則正しい高校生活を過ごせるように生活環境面のサポートを心がけました。

A.お父様: 進学候補の大学選びや受験手続きに必要な事について、英語のサイトを中心に情報収集して娘に提供しました。本人が読んでいたかは分かりませんが(笑)。

Q:学習コーチとお子様の関係についてどのように感じていますか。

A: 担任の学習コーチについては娘からよく聞いていました。定期的に学校で個別面談を受けたりグループ授業に参加したり、外でもスカイプやメールを利用して頻繁にコミュニケーションをして学習サポートを受けていたようです。

Q:東京インターハイスクールに入学されて良かった点、気になった点を教えてください。

A: 東京インターハイスクールでは、 1.目標に向けて自分のペースで学習を進めることができる。 2.学習の成果はその過程も含めてきちんと評価してもらえる。 3.学校や先生とコミュニケーションがいつでもできる。 4.専門家による進学・留学のサポートがある。 娘が安心して計画的に目標に向けて学習を進める環境とサポートがあったと思います。

Q:最後に東京インターハイスクールに入学を検討されている親御さんへメッセージをお願いします。

A: 某インターナショナルスクールでは保護者に授業内容を詳しく説明しない、生徒を正当に評価しない、先生のフォローが十分でないなど「生徒を現役で大学に進学させる」という使命感が低いように思いました。私も妻も教育関係の仕事に従事しているので前籍校には何度も足を運び説明を求めましたが、最終的に大学進学専門教育機関のトフルゼミナールの勧めもあって東京インターハイスクールに転校を決めました。転校後は娘が自分の意思で意欲的に学習に取り組み、私たち親も一緒に情報を共有できたことに満足しています。そして専門家のサポートを受けてアメリカの大学へ留学できることになりました。 本日はお忙しい中、インタビューをさせて頂きまして誠に有難うございました。
資料請求
ページトップへ

国際的で柔軟な学校 お父様

今春私立大学の建築学科に進学するMSさんのお父様と対談する機会がありました。MSさんは中学時に母親の母国ペルーに3年間在住しました。現地ではペルー日系人ローカル校に通いスペイン語で就学して17歳で同国の高校資格を取得しました。日本の大学に進学するには単位が不足していたので、インターハイスクールに入学・卒業して現役で日本の大学に進学します。(インタビューアー :学院長 渡辺克彦)

Q: インターハイスクールの入学の経緯を教えてください。

MSさん父: 私は日本政府JAICA国際協力機構関係で、今まで途上国23ヶ国で技術支援の仕事をしてきて息子には迷惑を掛けていると思います。ペルー在住中もローカル校で就学してスペイン語や異文化で苦労したと思います。「日本の大学で建築を学びたい、インターハイスクールから進学できそうだ」と相談された時には直ぐに賛成しました。

Q:お父様は途上国支援の分野でお仕事をされていますが。父親そしてプロフェッショナルの視点から息子さんがインターハイスクールに入学することついて、どう思われましたか?

MSさん父: 途上国で仕事をしていると日本政府や企業の方々と接する機会が多く、皆さん子供の教育で悩んでいます。日本の学校(単身赴任)、現地日本人学校、インターナショナルスクール、ローカル校などの選択肢があります。息子の場合は高校生でスペイン語や異文化の体験をすれば、グローバルな人材に成長すると考えローカル校で就学させました。帰国後インターハイスクールのような柔軟な学習環境と進学実績がある高校を卒業して進学できたので、ローカル校での体験を大学で更に伸ばしてくれると思います。

Q:息子さんは日本語とスペイン語が話せますが、お父様として心がけたことはありましたか?

MSさん父: ペルーのローカル校で就学したのでスペイン語能力は向上したと思います。今後日本のスペイン語技能資格検定を取得してくれることを願っています。

Q:インターハイスクール在学中の息子さんの様子はいかがでしたか?

MSさん父: 自分で学習カリキュラムを設置できるので、進学を視野に入れていた息子には最適だと思いました。多方面の進学準備を学校科目にすることができたようです。

Q:インターハイスクールで難しいと思ったことはどんなことですか?

MSさん父: 自学自習なので自律が必要なことでしょうか。特に私が海外に居ることが多く、息子の側にいれない状態だったので心配でした。

Q:今後のことは?

MSさん父: 中学の時に体験したペルー大地震にも耐える「日本の建築技術を母親の母国ペルーで広めたい」という息子の思いをサポートして行きたいと思います。

Q:最後にインターハイスクールに入学をご検討されている親御さまへ一言お願いします。

MSさん父: 国際化が進む日本社会で、インターハイスクールのような国際的で柔軟な高校があることは多くの家族に支持されます。もっと沢山の方々に知ってもらいたいと願います。
資料請求
ページトップへ

バレエに集中できる環境を提供してくれた お父様

SY さんは小さい頃からバレエを始めて、中学生の時にカナダにバレエ留学を決心した国際派バレリーナです。そしてカナダのアルバータバレエスクール在籍中に米国サンフランシスコ・バレエスクールのオーディションに合格しました。今はサンフランシスコバレエ入団を目指してバレエと高校を両立するためにインターハイスクールで学習しています。本日は、 SY さんのお父様とお話をすることができました。大学教授の 湯浅博士 は生体模倣科学分野でポルフィリンの最先端研究をされています。(インタビュアー:教務主任 高橋有希子)

Q: お父様は東京で大学の教授をされていますが、教育者の視点からお子さまがインターハイスクールに入学することついて、どう思われましたか?

: この学校を始めて知った時はピンときませんでした。というのも、生徒自身が学習カリキュラムを組むような高校があるとは思わなかったからです。娘がバレエと勉強を両立できる環境を求めて多数の国内外の高校を調査しました。最終的に高校を卒業するまでの2年間、バレエに集中できる学習環境を提供してくれるインターハイスクールを選びました。

Q: 親から見てお子さまがバレエ(夢)と高校を両立する難しさ、
   大切さをお聞かせください。

: 「バレエだけではいけない」と常々考えています。バレエ人の前に国際的な社会人として生きていく為には教養や社交性、コミュニケーション能力も大事です。それらはとても大切なことなので、バレエと勉強の両立は大変ですがしっかりとインターハイスクールで学んで欲しいです。インターネットを利用して担任の学習コーチが毎日サポートしてくれるので安心です。

Q: バレエ留学をご家族としてどのようにサポートされていますでしょうか。インターハイスクールでバレエと高校を両立されているお子さまの様子は如何でしょうか?

: 母親が熱心に支援しています。週1〜2回のスカイプ電話では自立を促しつつも「海外にいても一人ぼっちじゃない」というメッセージを送り続けているようです。バレエ留学すると決めた時から、数年間は日本に帰ってくることを禁じました。本気でバレエに打ち込んで欲しいからです。学習に必要なサポートは惜しみなくしています 。

Q: 今後のことは

: 娘の夢であるプロのクラシックバレエダンサーに向けて頑張ってほしいと思います。今からSFバレエ団のバレリーナたちと一緒に舞台に立たせていただく機会に恵まれ、その夢は一歩一歩近づいているようです。娘がプロになったら家族全員で舞台を見に行くのを楽しみにしています。

Q: 最後にインターハイスクールの在校生と入学検討者の親御さまたちへ、メッセージをお願いしたいと思います。

:大学で教鞭を取っていて感じているのですが、子供たちにとって大事なことは「夢」とそれに向かって進む強い「意志」です。

自立した学習経験を通して自律学習の姿勢を習得できるインターハイスクールは、これかれの時代を活きていく子供たちに必要な学習システムを提供する学校だと思います。子供一人ひとりに合った学習方法を見つけ、いろいろな「学び方」を体験できるのがインターハイスクールの特徴です。

従来の学校のように暗記や解答方法を教えるのではなく、子供たちが答のない問題に取り組み、自分なりの「答え」を導き出すための学習サポートを提供する学校です。

お父様、ありがとうございました。
( インタビュアー:教務主任 高橋有希子 )
資料請求
ページトップへ

モデルの仕事と学業を両立 AKさんお母様

インターハイスクール12年生(シニア)のAKさんのお母様(カナダ人)にお話しを伺いました。AKさんは静岡県の中学卒業後、お母様の故郷カナダに2年間単身で留学しました。その後仕事のために帰国、現在モデルの仕事をしながら当校で進学を目指して学習しています。(インタビュアー:教務主任 高橋有希子)

Q: インターハイスクールに入ったきっかけは?

AKさん: カナダ留学中は外見がカナダ人なので、英語が喋れて当然、読み書きもネイティブだと思われて悩みました。日本に帰国してモデルの仕事と勉強を両立するためにカナダの通信制高校に入りましたが、自分の英語力で分厚いテキストを使った詰め込み型のカリキュラムは難しいと思いました。そんな時ネット検索でインターハイスクールを見つけて、自分と同じように芸能活動をしながら卒業して大学に進学している多くの先輩のケースを見て入学を決めました。

Q:お母様が日本で子育てをする際に気をつけたことは?

AKさん母: 日本の田舎で外国人が子供を育てるのは大変です。学校の先生はいい方ばかりでしたが、アンナはとても引っ込み思案な子供でした。子供には私が英語で父親が日本語で接しました。英語も日本語もできるバイリンガルで異文化を理解できる国際人に育てたいと思っていました。

Q:インターハイスクールでどんな学習をしていますか?

AKさん: インターハイスクールは机に向かう勉強だけでなく、紅茶コーディネーターや茶道の免許を取得する学習も単位になります。進学したい大学の比較調査レポートを作成して提出、また将来役立ちそうな検定試験にトライして単位として認定してもらいました。学習計画で迷った時は、個別指導してくれる担任の学習コーチや身近にいる母親に相談してアドバイスしてもらいます。モデルの仕事も実務学の単位になるのでレポートにまとめて提出できるよう、以前より多角的な視点から仕事に取り組む姿勢を持つようになりました。

Q:卒業後は

AKさん: 仕事を続けながら大学に進学したいと思います。インターハイスクール入学当時は美術史に興味がありましたが、大学ではビジネスや経済も学べる国際教養学部を目指そうかと思っています。学習院大学、学習院女子大学、日本女子大学、立教大学、早稲田大学による「5大学の単位互換制度(f‐Campus)」を利用するのも魅力的だと思います。

Q:お母様から在校生と入学検討者の親御さまへメッセージをお願します。

AKさん母: インターハイスクールを最初に訪問した時、オープンな雰囲気と異文化を理解している校風に魅力を感じました。海外生活が長くて異国の文化、習慣、教育を理解しているスタッフがいて、日本と海外の良いところ両方を取り入れた学習プログラムを採用しています。日本人帰国生や外国人生徒がインターハイスクールに集まるのは、国際派で活動的な生徒と家族の「ニーズと期待」に応えられるスクール環境があるからだと思います。私も安心して子供をインターハイスクールに入学させることを決めました。

「何でも話し合って理解し合う」というお母様とAさん、ご協力ありがとうございました。
(インタビュアー:教務主任 高橋有希子)
資料請求
ページトップへ

子どもの人生で一番大事な時を一緒に過ごすことができた お母様



photo11
  HDさんは、大学の付属高校1年時にインターハイルクールへ編入して今秋に卒業しました。今春上智大学の国際教養学部に進学する予定です。当校への入学に至る経緯や在学中の様子を親御さんの視点から伺いました。 (インタビュアー:教務主任 高橋有希子)




Q:インターハイスクールにお子さまが入学した経緯を教えてください。

:子どもが小学生の頃に夫の転勤でアメリカに3年ほど住みました。アメリカの楽しい思い出がいっぱいのまま帰国し、中高一貫の大学付属中学に転校しました。中学時代は部活動で充実していたようですが、高校に進学してから人間関係に疲れてしまったようです。大学に進める高校だったので「あと2年我慢すれば」と思っていましたが、体調を悪くしたのをきっかけに自主退学しました。そんなとき「登校義務がない」「テストによる評価がない」そして子どもが自由でいられる学校をインターネットで探してたどり着いたのがインターハイスクールです。

Q:入学後のお子さまの様子はどう変わりましたか?

:入学してからの1年は本人にとっては充電期間となりました。体を壊していたので食事に気を付けたり、体を動かすことを中心に活動していたので体育実技と健康科学の単位はすぐに履修できたようです。昼間に母親と一緒に家にいるのは幼稚園以来でしたので、はじめはお互いに気を使い戸惑うことがありました。

Q:お子さまが変わり始めたきっかけはどんなことでしたか?

:中学の同級生が大学に進学を始めた今春ごろから、進学を意識し始めました。英語を話す方が有りのままでいられるので、英語で授業が受けられる大学を探しました。インターハイスクールの進路面談の時に日本の私立大学でも英語で授業を受けることができることを知り志望校を決めました。早速問題集などを使ってTOEFLやSATの独自学習(※1)を開始しましたが、インターハイスクールの選択科目に大手受験英語教育機関トフルゼミナールのSAT、TOEFL、TOEIC対策講座があったので、学校の科目としてトフルゼミナールの受験指導を受けるようになりました。おかげさまで、TOEFLのiBTテストは110点以上、SATのMathもほぼ満点まで向上しました。難しかったSATのReadingが570点、Writingが630点になりました。 ※1 Independent learningの意

Q:在学中にご家族が意識したことはどんな点ですか?

 :身も心も疲れていた状態から学習を始めたころは、本人の興味があることが見つかるように夫婦で工夫しました。例えば父親が「自分で試して実験する本」という本を購入してリビングに置いておきました。娘が自分から手に取って読んでくれたときは嬉しかったです。他には日本史の勉強で源氏物語絵巻物美術館に誘ったりもしました。ワシントン州や世界史などを勉強した時には親に内容を聞かせてくれたりして、発表のよい訓練になったようです。センター試験の数学を父親と一緒に学習していました。親も一緒に取り組んだため、話題が増えて家族間の会話が絶え間なくなりました。
 

Q:今のお子さまの様子と、最後に在校生やインターハイスクール入学をご検討されている親御さまへ一言お願いします。

:本人は大学入学までフランス語の勉強をしています。休学とインターハイスクールで過ごした時間を合計すると4年間になりました。子どもの人生で一番大事な時を一緒に過ごすことができました。母親として気をつけたのは「親のペースにしない」ことでした。家事を済ませたい、買い物に行きたい、など自分の思い通りにならなくとも「よし」とすると、「子どもを待つ」ことが苦しくなくなりました。子どもを理解するよい期間だったと思います。インターハイスクールの保護者会で聞いた「子どもを信じて待つ」という言葉に救われた思いと共に今報われた気持ちです。
資料請求
ページトップへ

自分で学ぶ姿勢を身につける学校 お父様

東京都内の名門インターナショナルスクールから転校してきて今年3月に卒業する BSCさんのご両親にお話を伺うことができました。

photo11
BSCさんは、小学校3年生の時に韓国から日本に来ました。日本の小学校、韓国人学校を経て都内のインターナショナルスクールに転校、その後インターハイルクールへ編入しました。現在私立大学の国際教養学部への進学を目指しています。韓国語、日本語、英語の3カ国語を話す本人とご家族ついてお話を伺いました。 (インタビュアー:教務主任 高橋有希子)

Q: インターハイスクールの入学の経緯を教えてください

A(母)::父親の仕事の都合で日本に転勤になりました。BSCは日本の小学校に入学して日本語もすぐに上手になりました。日本語能力検定試験1級に合格したので次は「英語」と思い、中学生の時に東京の名門インターナショナルスクールに入学しました。名門インターナショナルスクールはレベルが高く、英語ができて当たり前の環境だったので授業についていくのに苦労したと思います。4年間ほど在籍しましたが、12年生時に現役で卒業が難しことが分かり、インターハイスクールに編入しました。

Q:BSCさんは韓国語、日本語、英語が得意ですが、ご両親として心がけたことはありましたか?

A(父):仕事で私が英語で苦労したことがあって子供にはぜひ英語を学んでほしいと思いました。国際ビジネスで活躍するために中国語も学んでほしいです。家では韓国語を話していますが、インターナショナルスクールのお友達とは英語や日本語を使っていました。インターハイスクールの先生とは主に日本語でやり取りをしました。

Q:インターハイスクールでのBSCさんの様子はいかがでしたか?

A(父):卒業を最重要目標として意識できたようです。課題を決めて学習をするのは自分なので、修了するために何をしなくてはならないかということを考え、自分自身と向き合っていたと思います。

Q:インターハイスクールで難しいと思ったことはどんなことですか?

A(母):スケジュールを管理して厳しくチェックするシステムが親にもっと見えるとよかったと思います。息子は「ちゃんとやっている」と言っていたのですが、本当にそうか分からない時がありました。
 

Q:今後のことは?

A(父・母):私立大学の国際教養学部に進学することを願っています。しかし本人がほんとうに大学で「勉強」したいと思うまで見守ろうと思っています。今秋か来春に日本の大学に進学したいと本人は考えているようです。

Q:最後にインターハイスクールに入学をご検討されている親御さまへ一言お願いします。

A(父):高校生の年代に勉強をすることは勿論ですが、新しい仲間と出会い、異文化に接することは重要です。また問題に取り組み解決していくために紆余曲折、寄り道することは子供の為になると思っています。インターハイスクールで過ごした時間と体験はSBCが大人になった時にすごく役にたつと確信しています。インターハイスクールが提供する「学習メソッド」は、大学進学準備に良いだけではなく、大学で必要な「自分で学ぶ姿勢」を修得できると思っています。この「自律と自立の学習経験」は代えがたい物です。目の前の問題に「Give Up」せずに常に「Challenge」する姿勢で行動することを育むことができる学校です。お子様の教育や進学で悩んでおられる親御さんに、卒業生の親としてアドバイズできると思います。
資料請求
ページトップへ

チャレンジ出来る学校を求めて お母様

Q:秦さまはアメリカの名門バークリー音楽大学院に留学され、現在は日本の音楽芸能界でお仕事をされていて「独自の教育観」をお持ちのようですが、なぜ娘さんたちの高校にインターハイスクールを選んだのでしょうか?。

:娘たち(双子)は中学校まで女子大付属の学校に通学していました。しかし、子供たちの個性を伸ばし、どんどん新しいことにチャレンジできる学習環境を求めてインターハイスクールに進学させました。

Q:インターハイスクールのどこが良いところでしょうか?

:子供が自分のペースで学習したり高校生活を営むことができることです。また普通の学校のように相対的な点数評価ではなく、どのくらい生徒が努力して結果を出したかを測る評価制度を導入していることです。

Q:子育てで心掛けていることは何でしょうか?

:私自身は先ず「褒める」ことを重視しています。子供たちが喜ぶポジティブな雰囲気を醸し出し、周りの人々にも彼らを褒めてもらえるような環境作りを心掛けています。
資料請求
ページトップへ

Top