日本国内で数々のテニス大会に優勝したK.H.さんは、テニスが大好きで人一倍の努力をして世界ランキングを狙うために、日本の高校から米国カリフォルニア州のワイルテニスアカデミーにテニス留学をしました。ワイルテニスアカデミーには有名な尾崎武ヘッドコーチがいて、多くの日本人ジュニアプレーヤーが学んでいます。インターハイスクールからはK.H.さん以外にも数人の生徒が留学しています。テニスと米国現地高校での勉強の両立は難しいので、テニス関連の学習や活動を卒業単位に認めるインターハイスクールに今夏編入して、現在テニスの活動を中心に高校卒業に向けて学習しています。

インターハイスクールではテニスの練習を「体育の単位」にするのは勿論ですが、テニスに関連したスポーツ科学を「科学の単位」 、学友とのディスカッションや調査を通してアメリカの歴史や時事問題をレポートにまとめて「アメリカ史の単位」、「社会科の単位」として高校卒業に向けて履修しています。将来は、プロのテニスプレーヤーを目指しています。

K.H.さんの主な学習履歴

K.H.さんは日本の高校からアメリカへテニス留学して、その後インターハイスクールに編入しました。前籍校の単位振替をした結果、高校卒業までに3.5単位が必要だったため、東京インターハイスクールの6ヶ月コースを選択しました。
テニスの練習は「体育」、ワイルで「栄養学」や「スポーツ心理学」のクラスを受講してアットマークの「科学」の単位にしています。
「アメリカ史」や「時事」は、アメリカ在住ということもあり、アメリカ人の意見や新聞、TVニュースを参考に活きた学習をしています。
K.H.さんのケース

主な単位履修例は

A) ワイルで受講するスポーツ心理学を「科学の単位」として履修
B) テニスの練習や試合を、「体育の単位」として履修
C) 新聞、ニュース、本を通してまとめたレポートを「時事の単位」として履修

資料請求
ページトップへ

スペイン留学でテニス! S.Iさん

世界レベルで活躍するプロテニスプレーヤーを目指して、中学1年時からスペインのフェレーロテニスアカデミー(http://www.equelite.com)に単身でテニス留学をしています。留学中1年以上も帰国しないでテニスに集中する努力家です。可能な限りテニスに集中できる環境で高校に進学して学習したかったので、中学2年生(9年生)の時にインターハイスクールに入学しました。テニスの試合、練習、メンタルトレーニング、そして学科も日本の通信教育Z会の英国数理社をインターハイスクールの単位科目にして学習します。インターナショナル通信制高校「東京インター ハイスクール」の個々の生徒目標に沿った柔軟な学習システムと担任の個別指導を利用してスペインでテニス留学をしながら高校の学習をしています。

学習履歴

担当コーチより

大好きなテニスの練習時間、試合、メンタルトレーニング、これまでも続けているZ会の英語や数学、生活の全てが単位に大いに活かされています。インター ハイスクールの利点、強みをとことん享受しているS.I.さんです!

S.I.さんの主な単位履修例

A) 体育:プロテニスプレーヤを目指して頑張っています。
B) 英語:生活圏での英語の使用はもちろんZ会の教材を使っての学習も単位に。
C) 数学:Z会の教材を使って学習中。

その他、コーチからの提案

健康科学:運動選手としての栄養学の研究と実践 
科学 :スポーツ科学(メンタルマネージメント) 
自由選択科目:スペイン語の習得
資料請求
ページトップへ

世界を転戦するR.K.さん

世界を転戦するR.K.さんは、テニスと高校を両立するためインターハイスクールに転入しました。以前は青森の通信制高校に在籍していましたが、スクーリング義務のない(他通信制高校は年に1度の本校スクーリング義務がある)インターハイスクールで自由に年間のツアースケジュールを組みテニスに集中しています。本拠地のフランスに滞在中はテニスの練習やトレーニングを中心に高校生活をしています。遠征中でもインターネットを通してインターハイスクールの担任学習コーチと一緒に学習を進めて単位履修します。テニスに集中できるのでトーナメントでも良い成績が出ています。

トフルゼミナールのTSオンライン教材を使って、TOEFL英語のレベル向上を目的とした学習をしています。数学は問題集に取り組んでいます。健康科学はスポーツ選手に必須の栄養学を勉強しています。フランスでは自炊生活なので、アソリートに必要な栄養バランスの良い食生活を考えて栄養学を学習して実践(料理)しています。 
学習履歴

主な単位履修例

A) テニス活動を記録して振り返り改善をはかる、実務学の単位として履修
B) アスリートとしての栄養・健康管理を科学の単位として履修
C) トフルゼミナールの総合基礎英語を英語の単位として履修
D) 数学の問題集の学習を数学単位として履修
資料請求
ページトップへ

テニスとアルバイトと学業を両立させ卒業 K.Sさん

Kさんは小学校2年生からテニスを始めて特待生として私立高校に入学したバックグラウンドを持っています。テニスのコーチが海外の高校、大学に進学をしてテニスを続けたことを知り自分もその道に進みたいと自らインターハイスクールを探して入学に至りました。(インタビュー:高橋教務主任)

高橋 入学した経緯を教えてください。

Kさん テニス留学の準備のため高校を辞めて一年間資金をためてからインターハイスクールに編入しました。テニス、アルバイト、と学業を両立できると思ったからです。

高橋 自分で学費を払いながら2年間で卒業しました。大変ながらよく頑張りましたね。

Kくん:元々テニスは個人スポーツなのでメンタルはタフな方だと思います。それでも在学中に途中で「やらないと学習が進まない」ことに気が付き慌てました。アルバイトで学費を稼ぎながら学業を続けることは思ったより大変でした。いつも疲れていて眠たかったので、なるべく図書館に行って勉強をするようにしました。電車の移動時間などの隙間時間を利用した学習も工夫しました。

高橋 インターハイスクール在籍中に印象に残っている学習を教えてください。 Kくん:
コーヒーが大好きなのでアメリカの歴史とコーヒーの歴史を絡めて書きました。最後の単位だったので力を出し切りました。

高橋 学習コーチはどんな存在でしたか?
Kくん オンライン生だったので学校の様子や他の生徒の様子が全く分からない中、スカイプでコーチがいろいろと教えてくれました。アドバイスも助かりました。

高橋 最後に入学を検討している皆さんに一言をお願いします。

Kくん 自分で何かをする力が身につく学校です。大人に求められる、やりたいことの情報を集め、それを生かす方法もこの学校で学ぶことが出来ます。今後は色々な人と出会って吸収する年にしたいと思っています。将来的には人脈を大切にして起業もしてみたいと思います。

高橋 一単位目取得の「実務学」のレポートが印象的でした。
先輩方の仕事に対する姿勢を謙虚に学び、食糧を下してくれる農家の皆さんに対するリスペクトがあふれていた内容でした。きっとこれから先も大人がKくんのことを引っ張り上げてくれると思います。これからもがんばってください。ありがとうございました。
資料請求
ページトップへ

幼年時からサッカーに夢中S.T.さん


toriharaS.T.さんは幼年時からサッカーに夢中になり県内でトップレベルの選手でした。
中学卒業後、父親の仕事でオーストラリアに移住してからもサッカーを続けましたが、英語の壁を乗り越えるのに苦労したようです。
またオーストラリアサッカーは自分の理想とするサッカーとは違う、という思いから、オーストラリアの高校からインターナショナルな通信制高校のインターハイスクールに編入してスペインのレアルマドリッド・ファンデーションマルセットに奨学金生としてサッカー留学をしました。

インターハイスクールではサッカーに関連したスポーツ科学などを学習しながら日々の練習や活動を卒業単位として履修しています。

いまは家族のいるオーストラリアに戻り、NSWプレミアリーグ、シドニーオリンピックFCなどのトップチームのトライアルに合格、来シーズンにAリーグのトライアルを受けるためにトレーニングを続けています。将来、再度ヨーロッパでチャレンジしたいようです。

S.T.さんの主な学習履歴

S.T.さんはスペインにサッカー留学することを機にオーストラリアの高校からインターハイスクールに編入しました。
スペインとオーストラリアの両国でサッカーを中心にインターナショナルな通信制高校のインターハイスクールで学習をしています。
スポーツ選手としての体作りに重要な栄養学は「科学」、プロを目指すTさんにとってサッカーの試合は「実務」の科目になります。
好きな日本の歴史小説は「日本史」の学習になります。


S.T.さんの主な単位履修例

A)栄養学を学習、科学単位を履修
B)サッカーの試合、実務科単位を履修
C)実践英会話、英語単位を履修
D)日本の歴史小説を読み解く、日本史単位を履修
資料請求
ページトップへ

プロサッカー選手のMobiくん


現在Jリーグのプロチームで守備の要「センターバック」としてプレイしているMobiくんは、お父さんがスイス人でニューヨーク生まれです。小1で日本に来てから一時英語を忘れてしまいましたが、6年間インターナショナルスクールに通学して今はパーフェクトバイリンガルです。小1から始めたサッカーは高1の頃には、2011年のワールドカップU-17アメリカ代表に選ばれるくらいに上達しました。ワールドカップ後は暫くアメリカのプロチームでプレイしていました。その後日本に帰国、Jリーグでプレイしながら高校を卒業するために東京インターハイスクールに編入しました。


高橋 17歳の時にアメリカサッカー界で素晴らしい経験ができたようですね。
Mobi アメリカ代表U-17 は最初35人いました。最終22名がワールドカップ代表選手に選ばれ、僕はスタメンで4試合すべてに出場しました。代表選手の契約は1年でその間、各国の代表チームといろいろな場所で練習試合をしたり、とても楽しい経験をしました。今でも当初の35人と仲が良いです。

mobi高橋 当時も高校の勉強は続けていたのですね

Mobi 通信教育で頑張っていました。欧州プロリーグに挑戦したかったのですが、若すぎて契約できずに帰国、その時父親と渋谷を歩いていたら、東京インターハイスクールの看板を見つけて「これだ!」と思い飛び込みました。

高橋 当校との運命的な出会いでしたね。アメリカの学校で取得した単位を振替えて、残り6単位をJリーグでプレイしながら東京インターハイスクールで修了して卒業しました。Mobiくんにとってインターハイスクールはどういう学校でしたか?

Mobi サッカーの練習は毎日午前中なので午後は勉強に専念できました。前は読書は好きではありませんでしたが好きな本を自分のペースで読むことができたので、アメリカの高校で読むような文学本を中心に読みレポートを提出して英語の単位を履修しました。読書の楽しさを発見できた学習でした。

高橋 今後はどういう計画ですか?

Mobi ここ数年は日本代表入りを目指してJリーグで頑張ります。最終ゴールはイタリアのクラブチームでプレイしたいです。イタリアは固い守備で有名な「カテナチオ」のプレイスタイルなので自分にぴったりだと思います。

高橋 最後に当校に入学を検討されている皆さんに一言をお願いします。

Mobi 自分でペースで学習して卒業できる学校です。学習計画作りや学習方法などを担任のコーチが丁寧に教えてくれるので安心でした。自分にピッタリ合った学校でした!

高橋 ありがとうございました。

資料請求
ページトップへ

プロゴルファーを目指すR.S.さん

>>動画メッセージはコチラ
My dream is to become a LPGA player and win a major golf tournament. I have been playing golf at competitive level, and currently a major sports goods maker is sponsoring my golf career. When I reached 10th grade, I was concerned that it was hard to stay competitive level while attending a regular high school. As I was playing in a golf tournament one day, I met a player who was a student at Inter-highschool. As soon as I came home, I searched for the school on web and decided to enroll.

I have more time for golf now, and I can study whenever and wherever. What is really great about this school is that I can create my own study subjects so that I can study and earn credits for what I really want to study, including English, Japanese, and of course, golf related subjects.

学習履歴

学習履歴

ゴルフ中心の毎日なのでゴルフはもちろん体育と自由選択科目の単位にしています。英語は総合力をつけるために読書と映画鑑賞をして、感想エッセイをレポートとしてまとめています。日本語会話はネイティブ並みですが「日本語の読み書き」が苦手なので、日本語能力検定試験一級を目指して勉強しています。料理やお菓子づくりが好きなので、栄養学を学び単位につなげています。学校の学習科目が家族や知人に喜んでもらえるので楽しいです。「It’s cool !」

主な単位履修例

A)ゴルフの日々の練習を体育
B)小説をリーディングし英語
C)料理とお菓子作りで実務学

資料請求
ページトップへ

ゴルフと学習を両立するためにインターハイスクールに入学したM.S.さん

>>動画メッセージはこちら

M.S.さんは小学生の頃からお父さんと一緒にゴルフをしていました。どんどん上手くなり、中学に入ってからカナダ人コーチに指導を受けてゴルフ大会で優勝しました。その時から将来プロゴルファーになりたいと考えるようになりました。
最近は本場アメリカでゴルフをするために、頻繁に日米を往復して現地のジュニア大会や練習試合に出ています。

ゴルフと学習を両立するためにインターハイスクールに入学しました。現在、東京の公立中学とインターハイスクールの2校に在籍しています。
(東京インターハイスクールでは中学3年で入学して、ハイスクールを早めに卒業することが可能です)

インターハイスクールで学習しながら、日本全国はもちろんアメリカでもプレーを続け、ゴルフ中心の高校生活をしてプロを目指します。

M.S.さんの主な学習履歴

インターハイスクールでは「ゴルフ」を「体育実技科」にして単位履修しています。地方の試合に行った際には現地の郷土を調べて「社会」の単位にしています。インターネットを活用して学習しているのでパソコンを「科学」として学習しています。試合のための移動中の読書は「国語」です。

資料請求
ページトップへ


Top