東京インターハイスクール

My status 電話番号:0120-327-181 お気軽にお問い合わせください
国際学部を目指す帰国生のみなさんへ
編入学も心配なし! 帰国子女の方を全面的にサポート!
海外子女教育表紙 【1】海外子女教育(2010年3月号)で紹介されました。
 文部科学省と外務省の公益法人として1971年に設立された「海外子女教育振興財団(http://www.joes.or.jp)」が毎月発刊している「海外子女教育」に東京インターハイスクールが紹介されました。インターハイスクールの学習プログラム、カリキュラムの仕組み、生徒たち、成果レポートなど学校について詳しく説明しています。  >>記事を読む

【2】「海外子女教育(2010年8月号)で、東京インターハイスクールの教務主任が紹介されました。教務主任自身と子供も帰国子女なので、海外での子育てや帰国してからの生活などクロスカルチャー体験談です。  >>記事を読む

【3】「海外子女教育(2014年10月号)で、東京インターハイスクールを帰国子女受け入れ校として紹介されました。
   >>記事を読む  

早稲田大学国際教養大学に合格
慶応義塾大学SFCに合格

上智大学国際教養学部に合格!
学校案内パンフレット(無料)は、こちら

そんな時には東京インターハイスクールにお任せ
入学についてのご相談

インターハイスクールがどんな学校なのか、入学を決める前にじっくりと知っていただく機会です。遠隔の方にはSkypeでの対応をしています。事前予約制で平日9〜17時の間で予約をお取りください。
>>ご予約はこちら

クレジット・アナリシス(単位診断)

国内外の前在籍校で取得した単位数をワシントン州の単位数に換算します。インターハイスクールに入学した場合に卒業までに何単位が必要で、どのくらいの時間がかかるかを無料で診断します。

インターハイスクールの3つの特徴
1.通える通信制 2.受験サポート 3.学習サポート
インターネットで楽しく学習

東京渋谷には通える
教室もあります!

義務的登校日は一切なし

日本の通信制高校のスクーリング日数は年20日+定期テスト6日程度の出席が義務です。

自分に合った学習方法で単位を取得

学習は教科書の科目だけじゃない!

テスト無しで単位を取得

SAT,TOEFLなどのスコアアップが単位になる。

担任学習コーチも帰国子女が多い
もちろん英語OK!日本語と英語の併用もOK!
マンツーマンのコーチング

生徒一人ひとりが「自分で考える力」を習得するのをサポートします。

2015年度 入試実績は こちら(※提携先トフルゼミナール)

学校案内パンフレット(無料)は、こちら
もっと詳しく、知りたい!東京インターハイスクール
詳しくはこちら
Copyright(C)2011 TOKYO Inter-High School All Rights Reserved.